menu

2019 October

イギリスの博物館にも置かれている英式紡績機。

「紡」とは、撚り合わせること。
「績」とは、引き伸ばすこと。
「紡績」という工程で、綿から糸になります。

産業革命の初期、18世紀の職工の指先だけが知っていた繊細な感覚が息づいている
”糸づくり”ができるのが英式紡績機です。

わたを束状にまとめ、太い糸から撚りをかけながら細い糸にしていく工程をゆっくりとゆっくりと人の手をかりながら何度も繰り返します。
手作業が入るたびに繊維は休まされて、天然の繊維が生まれながらに持っている弾力性、柔軟性、伸縮性、光沢、風合いまでも最大限に生かすことができます。

 

18世紀の”糸づくり”は、どんな最新技術でも真似のできないものをつくりあげます。

英式紡績機は、厳しい自然環境の中で育った英国羊毛に適した梳毛紡績機として、歴史に残る数多くの毛織物を生み出してきました。
南極に到達したロアール・アムンセン、エベレスト初登頂を目指したジョージ・マロリーら20世紀初頭に国家の威信をかけて前人未踏の地へ挑んだ多くの探検家を支えてきました。

 

世界最高峰と称される英国毛織物の原点は、英式紡績機にあると言えるでしょう。

一宮英式工場

 

Pao de lo ではシェットランドウールを、世界で稼働している梳毛紡績機の中で1%未満とも言われている極めて希少なこの機械を使い一宮英式工場で経験豊富な尾州の職人によって糸にして頂いています。

 

工場では、どの工程にも手作業が入れられる特徴を生かし、他にない色使いのミックスカラーの糸を作ることができます。
それは、羊の毛を刈り、わた状で染めて糸にし、織り上げるという遠い昔の生活を旅しているような感覚にさせてくれます。

 

Pao de loで今回紹介させていただくのは、ネイビーとグリーンの経と緯で違う色の糸を使いそれぞれ4色以上の色の綿をブレンドして作られています。
その落ち着いた色目からは想像できない黄色や鮮やかなブルーが入っています。

 

こだわりの原料

メリノは繊維長の長いものを使用しなめらかさを、ピーセスという縮れた紡毛をブレンドすることでふくらみを出しています。

それを梳毛紡績機にかけ、字のごとく”櫛で梳(す)く”工程で繊維を
平行に並べて整え、手触りを滑らかにしてくれます。
そして英式のゆっくりと紡績することでウール本来の弾力性が戻り、更にふくらみが出て織物の基本である平織りで織っているだけなのに、独特の奥行きのある表情が生まれます。

 

素材を活かし、デザインはできるだけ無駄なものを入れずシンプルにしたコートは控えめながら、存在感のある一枚に仕上がりました。

 

 

▼online shop

英式メリノピーセスロングコート

 

一覧に戻る

BACK NUMBER